魚の話

旬の魚

水母(くらげ)【Jellyfish】

水母(くらげ)

栄養・効能
漢方にはクラゲは高血圧を抑えるという文献もありますが、どちらかといえば食感を楽しむ食材で、栄養的にはあまり期待できません。
プロフィール
こりこりとした触感がたまらないクラゲ。体の90%以上が水分というクラゲは世界で3000種、日本近海でも 300種類以上もいます。脳も心臓もなくただ浮んでいるだけのように見えますが、実は目も胃もあり、波に漂いながらプランクトンなどを捕食して生きています。クラゲについた漢字は、その姿から連想される満月や母の乳房の意味で「海月」、「水母」、「海鏡」、「水月」などがあり、ロマンチックな雰囲気が漂います。
選び方

国内産

あまり市場に出回らず、塩漬けで売られているもののほとんどが輸入ものです。

中国産

黄色っぽく肉厚で高級品です。また、白っぽく薄いものは東南アジア産で、一般に細切りのものは東南アジア産が多いです。

栄養成分表
塩クラゲの場合(100g中)
水分 67.0g 5.0mg
たんぱく質 5.5g ナトリウム 6000mg
灰分 25.0g カリウム 40mg
カルシウム 40mg    
リン 400mg エネルギー 32kcal